損をしない保険選びなら、保険のリサーチ「ほけりさ」へ

営業
11:00~20:00
定休日
月曜日
0120-315-212

社員紹介
member

株式会社保険のリサーチ(ほけりさ)でお客様の保険選びを担当させていただくメンバーをご紹介いたします。

お客様の「おもい」を「かたち」にすることを真剣に考える、プロフェッショナルです。保険の新規契約や見直し、大切なの資産管理について、どうぞお気軽にご相談ください。

西田京介(にしだきょうすけ)画像

幅広い知識と人脈で
お客様をサポートいたします。

西田京介
にしだきょうすけ
  • 生命保険協会認定FP(TLC)
  • 相続診断士
  • 住宅ローンアドバイザー

子供を持つことで感じた、生命保険の奥深さ。

── これまでの経歴を教えてください。

前職は、大手不動産会社や大手生命保険会社に務めておりました。今までの経験を活かし、お客様のお力になれるよう精一杯務めさせて頂きます。

── この仕事を選んだ理由はなんですか?

私が生命保険に加入を検討した際に、担当していただいた方がきっかけになります。私が生命保険について自ら考えたのは子供が出来たときでした。当時担当していただいた方は、私の仕事や将来の話を親身に耳を傾けてくださいました。その包容力、知己に富んだお話の数々に、私は同じ営業職として憧れを抱きました。私もお客様に寄り添い生涯をかけてお付き合いできる仕事をしたいと思い、この仕事を選びました。

誠実に向き合い、フォローを徹底すること。

── 保険アドバイザーとして、心がけていることはありますか?

私には今までもこれからも大切にしている事があります。 それは、『常に誠実であれ』ということです。 お客様との関係はとても大切です。私を選んで頂いたお客様を裏切りたくない、信用を失いたくない。お一人お一人のお客様と誠実に向きあい、フォローを徹底するよう心がけています。また、必要な時にはいつでも応えられるよう、適度な距離感も大切にしています。

── 仕事を通して「やりがい」を感じるのはどんなときですか?

ご契約いただいた際や保険金をお支払いした際に「ありがとう」とおっしゃっていただいたときです。お客様に力になることができ、感謝していただけるのは、この仕事の最大の魅力だと実感しています。

── お仕事の中で、今までに印象に残った出来事を教えて下さい。

とあるご家族のご主人がお亡くなりになり、保険金をお支払いした際です。ご加入されるまでには何度もお打合せをさせて頂き、お子様やご家族の生活費の事など沢山お話をさせて頂き、お互いが納得したうえでご加入頂きました。
保険金の給付手続きをするため、奥様にお会いした際に「心の悲しみは消えないけど、今までと変わらない生活が送れます。子供も変わらず大学に行ける。本当にありがとう。」とお言葉をかけていただきました。お客様がお辛い中、精一杯の笑顔を見せてくださったさったのです。この時に感じた、保険を扱う仕事の重さや意義は忘れることはないと思います。

サッカーボールイメージ画像

プライベートでも、仕事でも、目標とされる父親になりたい。

── 座右の銘は何ですか?

「一期一会」です。

── 趣味は何ですか?

タイミングが合えば、昔からの友人達とフットサルをしております。

── オフの日は何をして過ごしますか?

子供と色々なところにでかけて遊んでおります。

── プライベートでの、これからの目標をお聞かせください

プライベートも仕事も、子供から目標とされる父親になることです。

生命保険証券は、想いのこもった「ラブレター」。

── 仕事での、これからの目標をお聞かせください。

生命保険証券は、お客様がご家族の為に沢山の“想い”を込められた、 『ご家族へのラブレター』です。 遠く英国では、生命保険証券ことを『ラストラブレター』と 呼びご家族への想いが込められます。
“お客様の応援団長”としていつも陰ながら、そっと伴走させて いただき、友人のようなお付き合いが出来る事が私の目標です。

社員一覧へ
犬束有里(いぬづかゆうり)画像

「難しいことをわかりやすく!」
をモットーにがんばります。

犬束有里
いぬづかゆうり
  • ファイナンシャルプランナー
  • AFP資格
  • 宅地建物取引士

宝飾業から保険のアドバイザーへ転職。人生の輝きを支える生命保険の考え方に、感動。

── これまでの経歴を教えてください。

高校卒業後、宝飾業に就職して営業をしていました。

── この仕事を選んだ理由はなんですか?

ライフプランに合わせた生命保険の考え方に感動したからです。今まで生命保険というのは会社側が決めたプランを選ぶものだと思っていましたが、保険のリサーチではお客さまの家族に対する想いや将来のビジョンをお聴きし、その家族のライフプランを守るための生命保険を一緒に考え作っていくというプロセスでした。この仕事なら必ず人の役に立つと確信し、お客様やそのご家族の想いを守りたいと思い、転職を決意しました。

お客様を知り、寄り添うことで得る信頼。

── 保険アドバイザーとして、心がけていることはありますか?

相手のことを知ろうとする努力です。ファイナンシャルプランナー(FP)はお客様の希望や悩みを聞いて、初めて活躍できる仕事です。初対面で信頼関係を築けるよう、お客様のことを深く知り、自分のことを信頼していただける対応を心がけています。

── 仕事を通して「やりがい」を感じるのはどんなときですか?

お客様に寄り添えることです。漠然とした不安が一つ一つ明確になりそれを解決して行くことでお客様が安心した顔、喜んでくれる顔、その笑顔をもらえるのが嬉しくやりがいを感じています。

── お仕事の中で、今までに印象に残った出来事を教えて下さい。

とあるご夫婦から保険見直しのご依頼がいただきました。保険のプランを見直した結果、最終的に保険料を節約することができました。お客様は節約されたお金を家族旅行の資金にされ、とても楽しむことができとご連絡をしてくださいました。お客様から旅行の際の写真を送っていただいたのですが、それを見て、私もとても嬉しい気持ちになったことを覚えています。

書籍イメージ画像

お客様を家族のように考える。これからも成長していきたい。

── 座右の銘は何ですか?

「お客様も自分の家族だと思って接する」 仮にお客様が僕の兄弟や両親だったらどんな時にどんな行動をするかは一目瞭然です。 「お客様だから」の枠組みを無くし接するよう心がけています。

── 趣味は何ですか?

映画鑑賞です。1日1本のペースで見ることもあります。

── オフの日は何をして過ごしますか?

欲しい資格の勉強をしています。普段はおあまり多く時間を取ることが出来ない為、休みの日は図書館など静かな場所で勉強しています。

── プライベートでの、これからの目標をお聞かせください

欲しい資格がいくつかあります。勉強を続け、スキルをより向上させていきたいと考えております。

「本当のライフプラン」を作ることができる、アドバイザーになりたい。

── 仕事での、これからの目標をお聞かせください。

生命保険を全て理解することは簡単ではありません。お客様に一つ一つ「ここまではよろしいですか?」と確認して本当の意味でお客様のライフプランを作る事です。一度ライフプランがきまれば、それで終わり、ということはありません。想定していなかったライフイベントが新たに発生すれば、また最適なプランを設計する必要があります。お客様に寄り添い、変化が有ればまたそこに最適なプランを設計する。そのようにして日々お客様の安心につながるサポートをしていきたいと考えています。

社員一覧へ