ほけりさ

トップページ > 保険の選び方 > 住宅購入時の保険の考え方

住宅購入時の保険の考え方

住宅購入時は保険料を節約できるチャンス!?

住宅購入時に必ずといっていいほど加入する団体信用保険(通称:団信)。団信は住宅ローンの返済期間中に死亡、高度障害になった場合、生命保険会社が住宅ローン残高を一括返済してくれるというものです。

 

生命保険の必要保障額は住居費、日々の生活費、子どもがいれば子どもの教育費から計算されます。この「住居費」の部分が団体信用保険でカバーされ、住まいは保障されるので節約ポイントになります。

 

保険料を節約できると、その分繰り上げ返済をしたり、教育資金や老後の生活資金を増やす事ができます。

 

 

 

そもそも団体信用生命保険とは?

返済期間中、万が一のことがあったとき、残された家族が支払いしなくて良くなる保険。長いローン返済を考えれば、とてもありがたい保険です。

 

団体信用生命保険

ほとんどの民間金融機関では住宅ローンを組む時に、加入が条件になります。この場合、保険料は金利に含まれているので別途お支払することはありません。また、保険料は割安になります。

 

一部の民間金融機関とフラット35では、団信への加入が任意となっています。とはいえ9割以上の方が加入している現状です。

団信に加入したら保険はいらないの?

生命保険は節約できるポイントでした。 ですが、他の保障は考えなくても良いのでしょうか。団信でカバーできるのは「住宅」のことのみ。つまり、そこに住む家族の生活を保障してくれるわけではありません。 では、ほかにどんな保険に加入すればいいのでしょうか?

話題の就業不能保険

昔は命を落とすような大病も、最新の医療技術で回復できるようになってきました。ですが長期の自宅療養や在宅治療は、団信や一般の医療保険でカバーしきれません。 そこで、働けなくなったり要介護状態などの長期療養が必要になったとき、所得補償のできる保険が最近話題になっています。

 

仕事を休んだ日数や原因によっては、傷病手当金や休業補償などをうけれる場合もありますが、収入は約66%~80%に落ち込みます。その上、傷病手当金の給付は最長で1年6ヶ月(※1)と限りがあります。受給対象外の方は無給になる可能性があります。 一方で就業不能保険は就業不能状態になってから、60歳前後まで保障が受けられるので、長期間保障を受けれます。

 

長期療養で収入が減り、リハビリなどで医療費負担は増え、住宅ローンの支払いを続けることは金銭的にも精神的にも大きな負担になります。60歳前後までという長期間、所得補償があることは大きな安心になり療養に専念できます。

 

節約した生命保険を就業不能保険にスライドさせて、保険料を節約することもできます。

 

※1:3日以上連続して休んだ場合で、4日目から支給されます。受取期間も決まっているので最長でも、1年6ヶ月の受取になります。

 

〒160-0023 東京都新宿区西新宿7-16-1 第3歯朶ビル6階

T E L:03-5348-4775

ほけりさ