ほけりさ

医療保険

入院・手術の自己負担はどれくらい?

直近の入院時の1日あたりの自己負担費用

収入が減少する

入院や手術で大変なのはその間の収入の減少です。家賃などの固定費に入院、手術の費用がかかり、その上通院や療養などでフルに働けなくなるのは簡単に想像できます。それにともなう収入の減少は日々の生活に大きなダメージをあたえます。

 

会社を休業したらどうなるのでしょうか。仕事を休んだ日数や原因によっては、傷病手当金や休業補償などをうけれる場合もありますが、収入は約66%~80%に落ち込みます。受給対象外の方は無給になる可能性があります。また、職種や業種によっては転職をよぎなくされる場合もあります。

 

その間の収入を補てんする意味でも医療保険の加入は大切です。

 

専業主婦の方などが入院した場合、治療費以外に子どもの預け先の確保や、予定しなかった家族の外食などで出費が予想されます。

 

医療保険の選び方は?

1、保険期間を決める

大きく分けて「終身型」「定期型」2つの保険期間があります。定期型は、さらに10年、20年など年数で決めるタイプと、70歳まで、80歳までと年齢で決めるタイプに分かれます。

2、保険金額を決める

入院給付金

1日3,000円、7,000円、10,000円など、ご自身で金額設定ができます。

 

手術給付金

どんな手術でも一律10万円などと、決められている定額制と、手術の内容によって、入院日額の何倍かの金額が支払われる倍率制があります。

 

3、入院日数の限度を決める

1回の入院限度日数と、保険期間中の通算入院限度日数を決めます。

1回は、30日、60日、120日、180日、360日。730日以上もあります。

通算は、730日、1000日などがあります。

 

4、保険料払込免除

不慮の事故により、その事故の日から180日以内に約款所定の身体障害の状態に該当したとき、または病気や怪我で約款所定の高度障害状態に該当したときは、将来の保険料の払込みが免除されます。

 

「特定疾病保険料払込免除特則」を適用した場合、保険料払込期間中に以下、<「特定疾病保険料払込免除特則」の保険料払込の免除事由>に該当したときは、将来の保険料の払込みが免除されます。

 

5、女性特約

女性入院特約 5,500円!

お支払いの対象となる女性特有の病気やがんの代表例

がん:乳房・子宮・胃・肺などの悪性新生物および上皮内生物(女性特有のがんに限りません)

甲状腺の疾患:甲状腺の良性新生物、甲状腺機能低下症など

乳房および女性性器疾患:乳房・子宮・卵巣の良性新生物、子宮内膜症など

妊娠、分娩および産じょくの合併症:異常分娩、子宮外妊娠など

※単胎自然分娩は疾病入院給付金、女性入院給付金ともにお支払いの対象とはなりません。

税金が安くなる!?

医療保険にはお金の心配をせず治療に専念できるだけでなく、税制面でもメリットがあります。

医療保険料控除

医療保険に加入すると毎年、医療保険料控除を受けられます。これは年末調整や確定申告で申請することで、住民税・所得税が軽減されます。

給付金の受取は非課税!

個人が生命保険から受け取った入院給付金は金額にかかわらず非課税です。

入院給付金のほか手術給付金、通院給付金、障害給付金、介護保険金、高度障害保険金などケガや病気で受取でも、給付金などは非課税です。

これは「がんと診断されたら500万円」などの診断一時金の受け取っても、所得にはならないので所得税を払わなくていいということ。安心して治療に専念できます。

 

〒160-0023 東京都新宿区西新宿7-16-1 第3歯朶ビル6階

T E L:03-5348-4775

ほけりさ