ほけりさ

トップページ > 保険の選び方 > 結婚したときの保険の選び方

結婚したときの保険の選び方

まず、「ライフプラン」と「マネープラン」を考える

具体的な保険商品を検討する前に、考えなければいけないのが、「ライフプラン」と「マネープラン」。結婚すると、出産、子育て、住宅購入、老後資金など、独身の頃以上に現実味を帯びてきます。

 

例えば・・・

 

子どもは何人欲しいのか、どんな教育をしたいのか

住宅は購入するのか

転職の必要性はないのか

老後の過ごし方はどうしたいか

など、ご家庭の人生設計を「ライフプラン」と言います。

マネープランの重要性

「ライフプラン」を実現させるために、どのように準備し、貯蓄をすれば良いのでしょうか。次に夫婦で考えたいのが、いつ頃どれくらいお金が必要かを計画する「マネープラン」です。

 

例えば・・・

 

子どもは何歳で何人欲しいのか、どんな教育をしたいのか(出産や子育てにはどの程度費用がかかるのか)

住宅は購入するのか(住宅資金はどう考えたら良いのか)

転職の必要性はないのか(キャリアアップによって収入が変化するのか)

老後の過ごし方はどうしたいか(老後の資金はどの程度必要なのか)

このように、イベントごとに「いつまで」に「いくら」お金を用意するべきかを計算します。

 

「ライフプラン」と「マネープラン」で明確になった、必要な保障額や必要な時期にあわせて保険を考えることが重要です。

 

最悪の事態についても考えておこう

そして「ライフプラン」を実現させるために一緒に考えておきたいのが最悪の事態。

 

もし病気で働けなくなったら

住宅は購入するのか(住宅資金はどう考えたら良いのか)

もし事故で死亡したら

もし大地震で家が倒壊したら

このようなことは考えたくはありませんが、万が一のときに必要なお金も考えておくべきです。なぜなら、このような事態になった時は、今まで立ててきた「ライフプラン」と「マネープラン」を大きく変更しなければなりません。

 

「ライフプラン」を実現させるお金と、万が一のときに必要なお金を準備するために、ここからは「貯蓄」と「保障」について詳しく説明します。

 

保険で貯蓄できる!

保険で貯蓄ができることをご存知ですか?保険は「万が一のときの保障」と「貯蓄」の2つを同時に備えることができます。万が一のときは、保険金を受け取れます。また、途中で解約して、今まで貯めてきた保険料を解約払戻金として受け取ることもできるのです。一石二鳥でお得だと、保険で貯蓄するご家庭が増えています。

万が一のとき、保険金も受け取れる

万が一、夫婦どちらかが死亡した場合はどうなるのでしょうか。

生命保険なら1000万円や2000万円など契約額に応じて、保険金を受け取れます。

 

定期預金は、払った以上のお金は受け取ることができません。その上、口座が凍結され、相続が確定するまで取引ができなくなります。生活費などの日々の出費に支障がでる場合も少なくありません。

 

そんな時に頼りになるものが保険金です。「貯蓄」と「保障」をかねそろえた保険は「ライフプラン」と「マネープラン」には欠かせない存在です。

 

〒160-0023 東京都新宿区西新宿7-16-1 第3歯朶ビル6階

T E L:03-5348-4775

ほけりさ