ほけりさ

がん保険

がん保険とは

多くの人ががんにかかるリスクを抱えています。とはいえ、最近は医療技術の進歩でがんの早期発見が多く、がんと診断されても完治する方が多くなっています。

 

がん保険は、がん治療専用の保険。医療保険と違っていろいろながんの治療に対応できる保障内容になっています。

 

がんになったらどうなるの?

がんの治療は入院?通院?

このように、がんの入院患者数は減少傾向にあります。

これは医療の進歩で、患者の体に負担が少ない治療が増えたため。通院で治療する患者が増えています。

 

医療保険の通院特約によっては「入院後の通院」が対象になりますので、通院の多いがんは入院するまで給付金が出ない場合があります。また、昔のがん保険なども「入院」にポイントを置いているものが多いので、通院給付金がないものがあります。

 

がんにかかる費用はどれくらい?

一般的ながんの治療費は平均100万円ほど。早期発見できて、健康保険が適用される標準治療だけで済めば、自己負担額は50万円程度で収まることもあります。しかし、それはあくまでも手術・入院前後の費用のみ。実際には手術後無事に退院できても、再発予防や定期検査などで5年ほど通院を続けなければならず、長期的にがんと付き合うケースが多い現状です。

 

また、がんの種類や進行具合、使用する抗がん剤などによって治療費は変わります。高額療養費制度などを使って毎月の負担金額を抑れることもできますが、差額ベット代や見舞いに来た時の食事や、かつら代などは対象外です。

 

しかも、高額療養費制度を使うと、一般的な所得の方で1カ月約8万円の自己負担額になります。がんの場合は治療が数か月以上続きます。6カ月の治療で約48万円の出費。治療期間はさまざまですが数年にわたる治療になると、大きく家計を苦しめます。

 

どうなる?がん治療中の家計

度重なる検査や通院治療、そして抗がん剤の副作用を考えると、とても仕事になりません。ステージにもよりますが、がんは休業状態になる可能性が高い病気です。

 

会社を休業したらどうなるのでしょうか。収入が落ち込むことは目に見えてわかります。定年後にがんにかかった場合は、予定外の貯蓄の取り崩しになり、病気と金銭的な不安が精神的にも負担になります。

 

また、がんに良いと言われる漢方やサプリメント、かつら代、抗がん治療患者用シャンプーなど、治療以外での出費は増えます。

さらに、家族が家事をしながら働くなど、家族の負担が大きくなることも考えられます。外食が増えたり家事代行などにお金がかかる場合も。

 

がん診断給付金は家計だけではなく精神的な支えになる!

がん保険を選ぶポイントは、がんと診断されたら一時金を受け取れる「がん診断給付金」。

この一時金で、高額療養費の立て替えや、減った収入の補てんをすることができます。

 

がんと宣告を受けたら、精神的にもショックを受けます。治る病気とはいえ、治療費や治療期間、その間の生活を考えると不安でなりません。そこに一時金が給付されれば、お金の心配だけでも軽くなり、治療に専念できます。

 

先進医療でのがん治療は健康保険適応外ってホント?

特定の大学病院などで研究・開発された難病などの新しい治療や手術などは、ある程度実績を積んで確立されると、厚生労働省に「先進医療」として認められます。

 

全てのがんに使える治療法ではありませんが、一部のがんにはとても有効で体の負担が少ない治療です。ただし費用は健康保険適応外。全て自費になります。例えば、がんの治療で行われる先進医療では、

・重粒子線治療は約308万円

・陽子線治療は約263万円

の技術料が発生します。

 

このような高額な費用に備え、がん保険の加入を検討される方も少なくありません。そして、日々進化する医療技術を考えると、医療保険は定期的に見直しが必要です。

 

〒160-0023 東京都新宿区西新宿7-16-1 第3歯朶ビル6階

T E L:03-5348-4775

ほけりさ