ほけりさ

トップページ > 保険の選び方 > 妊娠・出産したときの保険の選び方

妊娠・出産したときの保険の選び方

「ライフプラン」と「マネープラン」をしっかり考える

妊娠・出産は家族が増える大きなイベント。そして家族が増える分、出費が増えるタイミングでもあります。生活費、教育費、レジャーの費用など、それぞれが一人分増えます。特に教育費は最低1,000万円ものお金が必要になるため、すこしでも早く計画的に準備しておいた方がいいでしょう。

 

そこで考えたいのが「ライフプラン」。住宅購入など、今後予定している人生のイベントと、子どもの教育プランを表にしていきます。そこに、現実的にかかる金額をもりこんで「マネープラン」を立てましょう。

 

ライフプランを実現させるために、一緒に考えておきたいのが「最悪の事態」。一家の大黒柱が倒れて収入が減る…など、万が一のときに必要なお金もしっかり考えておくべきです。 ここからは妊娠・出産時に考えておきたい、「教育資金」と「万が一の保障」の2つを説明します。

 

「教育資金」を準備しよう

子どもの教育資金は、親が思っている以上にかかるもの。子どもの進路によっては進学塾に通うこともあるでしょう。大学が自宅から遠く、独り暮らしをする場合には生活費も必要になります。これらの教育費をまかなうために、早めに貯蓄をはじめましょう。

かかる費用はどれくらい?

幼稚園~大学までの費用は約1,000万円~2,500万円。特に負担が大きくなるのは大学の4年間。国公立でさえ約500万円、私立理系なら約800万円の出費になります。

 

なかでも医学部は6年間と長く、学費が高額。国公立大学では学部に関わらず学費が一律の場合がほとんどですが、私立の医学部は約2,000万円~約4,700万円かかります。

 

教育資金の準備といえば学資保険!

学資保険はカンタンに効率的に貯蓄することができると人気です。

学資保険のメリット

活用の仕方によってメリットが増すのが学資保険です。祝い金が支払われるタイミングを、一番お金のかかる大学入学時に設定すれば、浪費を避けられます。

 

また学資保険は払い込み期間が長ければ長いほど、1回の保険料は安くなります。つまり生まれたらすぐに保険に入ることが、生活を圧迫せずに払い続けられるコツ。

 

最大のメリットは、親に万一のことがあれば、保険料の支払いは免除となり、満期には保険金が満額受け取れるところ。まさに備えあれば憂いなしです。

 

〒160-0023 東京都新宿区西新宿7-16-1 第3歯朶ビル6階

T E L:03-5348-4775

ほけりさ